ルリジサ種子発酵エキス

ルリジサはヨーロッパが原産の花であり、その花にはカリウムやカルシウムが豊富に含まれており、副腎を強化する働きがあります。

またアドレナリンの分泌を促す効果が確認されており、鬱に対して効果があるとされています。

その他、利尿作用、解熱作用もあり、花から作る煎じ薬が実際にフランスで作られ効果を発揮されています。

また、種子から採れるオイルは、肌のアンチエイジングケア、敏感肌・乾燥性敏感肌のケア、アレルギー性皮膚炎の緩和に効果があるといわれています。

ルリジサは瑠璃苣とも呼び、学名は Borago officinalis です。

ムラサキ科の植物で、ハーブの一種です。チサ(苣)はレタス(キク科)の意味です。英名はボリジ Borage、ラテン語名ボラゴ Borage に由来し、これはさらにアラブ語で「汗の父」(発汗作用を表す)を意味する語に由来します。あるいは一説に、イタリア語、フランス語で「綿毛」を意味する単語「burra」に由来します。

原産地は南ヨーロッパです。全草が白い毛でおおわれ、とくに楕円形のくすんだ緑色の葉は触ると痛いほどの細かな毛があります。花はマドンナブルーと呼ばれる青色で、星形の花を咲かせます。ルリジサの花はスープやサラダの付け合わせに用いられます。新鮮なルリジサはキュウリに似た風味を持ち、セージやパセリ、ミントと共にサラダの主要な素材の一つとして重宝しました。

治療にも用いられ、バンクスの本草書には腫瘍を消滅させる効果があるといわれています。強壮効果があり、ワインと一緒に飲むと気力が沸いてくると言い伝えられています。中世には騎士が自らの闘志を高めるためルリジサを煎じたハーブティーをよく飲んでいました。恐怖やストレスに対してアドレナリンを分泌させ、鬱などに効能があることが確認されています。フランスではルリジサの葉と花を素材に作る煎じ薬が解熱への対策として作られ、効果を発揮しています。また花をハチが好むため、蜂蜜の製造の手助けとしても栽培されています。種子から抽出した油(ボリジオイル、ボラージオイル)はキャリアオイルやサプリメントとして利用されています。



ルリジサ種子発酵エキスはヒト皮膚上皮細胞のセラミド量を増加させた。ルリジサ種子発酵エキスにはセラミド産生を介した美肌作用が認められた。 


ルリジサ種子発酵エキスはヒト皮膚上皮細胞を増加させました。 ルリジサ種子発酵エキスには皮膚上皮細胞の増加を介した美肌作用が認められた。 


ルリジサ種子発酵エキスはヒト皮膚細胞のケラチン量を増加させました。 ルリジサ種子発酵エキスにはケラチンの増加を介した美肌作用が認められた。 


ルリジサ種子発酵エキスはヒト皮膚細胞のケラチン量を増加させました。 ルリジサ種子発酵エキスにはケラチンの増加を介した美肌作用が認められた。 


ルリジサ種子発酵エキスはヒト神経細胞のアミロイドを減少させました。ルリジサ種子発酵エキスにはアミロイド量を減少させる作用を介した神経保護作用が認められた。 


ダウンロード
------ 資料 ------
ルリジサ種子発酵エキスA4説明セラミド20170116.pdf
PDFファイル 526.1 KB