ウマ脂肪間質細胞順化培養液

ウマの脂肪組織に中に存在する脂肪間質細胞は培養することにより、成長因子を産生します。

ウマの脂肪組織に中に存在する脂肪間質細胞は培養することにより、成長因子を産生します。

この間質細胞はストローマ細胞といわれます。

この細胞の培養液には線維芽細胞の増殖と機能を高める働きがあります。そこで、このウマ脂肪間質細胞の順化培養液を開発しました。

特に、皮膚線維芽細胞に対して良く働き、細胞間質成分を増加させる作用が期待されます。

なお、この細胞順化培養液には血清、抗生物質、防腐剤を含有していません。



ウマ脂肪間質細胞順化培養液はAGEsにより糖化したヒト皮膚線維芽細胞のしわ指数を減少させました。

しわ対策が期待されます。


ウマ脂肪間質細胞順化培養液はAGEsにより糖化したヒト皮膚線維芽細胞のコラーゲン産生を増加させました。

しわ対策が期待されます。


ウマ脂肪間質細胞順化培養液はAGEsにより糖化したヒト皮膚線維芽細胞のエラスチン産生を増加させました。

しわ対策が期待されます。


ウマ脂肪間質細胞順化培養液はAGEsにより糖化したヒト皮膚線維芽細胞のヒアルロン酸産生を増加させました。

しわ対策が期待されます。


ダウンロード
ウマ脂肪間質細胞順化培養液
【社外秘】説明資料:ウマ脂肪間質細胞順化培養液(アサイヤシ発酵エキスタイプ)し
PDFファイル 945.5 KB

他にも資料をご用意しております。詳細は、お気軽にお問い合わせください。

株式会社セルサイエンス Email: info@cellscience.jp